情報化社会の現代社会では、インターネットはビジネスを行う上で欠かすことができないツールです。ひと昔前までは、違う支店の人同士は、出張という形でひとつの場所に集まって会議することが多かったですが、現代社会では、テレビ会議を利用している会社も少なくありません。外資系企業などでは、やはり海外と日本ということもあり、早くからテレビ会議を取り入れているところも多くありましたが、現在では日本の企業であっても頻繁にテレビ会議を利用しているとこも多く存在します。会議のメンバーをひとつの場所に集めることは、やはり移動費や時間など多くの費用がかかるのが現実です。

そうした費用の面で考えてもインターネットを活用してテレビを使って会議をすることはとてもメリットがあることかもしれません。テレビがなくコミュニケーションをとるということになるとやはり相手の表情やしぐさなどが見えないということもあって、なかなか意思疎通ができないこともあったり、あやまった意味にとらえられるような誤解をまねくこともあるかもしれませんが、テレビを通しているのでそういったことが起こることも少なくてすむという点で普通の会議をしている場合と比べてあまり変わらない印象をもつ人も少なくないかもしれません。高度な情報化社会をむかえて、よりコストをさげるためにいかにインターネットを活用するかはとても大切なことです。会議のコストも考えるべきポイントの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です