ビジネスフォンとは、オフィス等で使われている複数の内線と外線が使用できる電話機の事をいいます。一般的な家庭の電話機は基本的に、回線は1つしかありません。親機以外にコードレスの子機がある場合も多いですが、回線そのものは1つだけです。当然ですが、割り当てられている電話番号も1つになります。

しかし、会社の場合には1回線だけだと足りないことが多いです。1回線だけだと誰かが電話を使用している時には、他の人は使えないことになってしまいます。規模の大きな会社程従業員の人数も多いので、複数の回線が必要になります。また、他の部署と連絡を取りたいなど内線を使用したいことも多くあります。

そういった問題を解決してくれるのがビジネスフォンです。ビジネスフォンにはまず主装置と呼ばれるものがあり、主装置には外線と内線をつなぐ交換機が備わっています。内線と内線をつなぐこともできます。専用の電話機を設置すれば、主装置が電話機とのやり取りをコントロールする役割を担います。

ビジネスフォンを使用すると、外線でかかってきた電話を担当者がいる電話機に転送することもできます。社内の人と連絡を取りたい時には、内線を活用するのがおすすめです。内線を使用すれば、電話料金も発生しません。離れた部署の人達とやり取りするのに非常に便利です。

営業部などでは客先に電話をかけたり、客先から電話を受けることも多くあります。そういった部署では、一人に一台の電話機があることも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です