有能なビジネスマン程、実は普段から利用する道具に大きなこだわりを持っています。達人は筆を選ばない、といった格言がありますが、現実はむしろ正反対です。現実の書道の大家なども、実は非常にシビアに筆を取捨選択しています。熾烈を極める昨今のビジネスシーン、その激しい競争環境に打ち勝つためには、最高の装備で挑む必要があります。

わざわざ使いづらいボールペンを愛用するメリットはありませんし、普段から利用する道具に投資する事もまた今日の社会人に求められる視点です。タブレット端末もまた、ある意味で文房具の一種と言えます。文字通りタブレットをノートの代用品として活用する一流の人々が増えて来ました。紙のノートや手帳だと、移動の時に邪魔になりやすいです。

しかし、タブレットであれば、大量に資料を作成しても、質量は増えません。いわゆるメモ魔のビジネスマンには嬉しい文房具でしょう。出先や新幹線の車内で、素晴らしいアイデアを閃いた時も、タブレットが手元にあれば瞬時にその流れ星のような発想を書き留められます。また紙の手帳だと一度作成したメモが管理し難く、結局捨ててしまったり、中身を後から確認するのが難しい等、アナログ特有のデメリットがあります。

一方でタブレットであれば、作成と同時にメモはデジタル化出来ますし、ネット環境があれば自宅や職場のパソコンへと転送したり、自分用のクラウドに預けられますので、管理は非常に楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です