タブレットの利点は、ノートパソコンと比較して携帯が容易なことです。また、対面または複数で使用した場合、視認がすぐれていること利点です。ソフトに関しても表計算などビジネスソフトも利用できるのでノートパソコンと遜色がありません。入力に関してもキーボードを接続して入力できます。

ビジネスでの活用としては、事務処理については、最近は大型画面のタブレットがでていますので、デスクトップでの作業に関しては、ノートパソコンやデスクトップパソコンに代替できます。特にノートパソコンは12型の画面が主流ですが、大型のタブレットの方が視認がすぐれているのが現状です。商談などの営業では、資料を表示して、別方向からも視認しやすい点は、ノートパソコンよりも優れた点です。その他、よく見かける利用方法として居酒屋での空き席の表示や料金の清算、不動産物件での間取りの表示、工場でのラインの操作も操作しています。

教育の場面でも学校での授業にタブレットを導入して、生徒の理解を深めるなどの試みが全世界的に行われています。教育産業でも利用は必至と言え、タブレットに最適化された子供に利用しやすいソフトが次々と開発されています。ソフト開発の観点からもパソコンからのコマンドライン入力や出力から、グラフィカルに操作できるソフトが主流となっています。このようにビジネスの現場では、従来のパソコンから急速に代替しつつあるのが現在の状況で、子供たちのなど次世代にも認知され、ソフトの面でも最適化ソフトが必要とされています。

営業支援のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です