テレビ会議とは、遠く離れた場所にいる相手とまるで1つの部屋で会話している雰囲気で会議や打ち合わせできるシステムです。ではいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、経営者のメッセージをダイレクトに発信することができる、というメリットがあります。朝礼などで全体に社長の言葉を一斉に伝える、社長のメッセージを録画してそれをDVDなどの媒体を介して全体にメッセージを送る、などリアルタイムであっても録画であっても好きな時にメッセージを配信することができます。

社内教育でもメリットがあります。これまでは社内教育を実施しようとすると、営業所が遠方に散在しているので集合研修をしようとすると時間とコストがかかるという問題がありました。しかしテレビ会議を使うと、距離や時間の制約を受けないので効率的な教育が可能となるばかりか、コスト削減にもつながります。コスト削減といえば出張費も削減できます。

時間、場所、距離に関係なく本社でも、支社でもコミュニケーションを図ることができるので、無駄な出張を減らし、移動に費やす交通費、人件費、宿泊費などの経費と時間を大幅にカットすることができます。この他にもメリットがあります。それはテレビ会議が災害にも強いということです。災害時は公衆電話網、携帯電話網、公共交通網が軒並みストップしてある種のパニック状態になります。

このような時テレビ会議であれば災害に強いインターネットを利用して有効なコミュニケーション手段として活躍してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です