テレビ会議は、一般的に出張費、移動費、経費などの削減がその価値の1つと考えられていますが、実はコミュニケーションによる業務効率アップがその真の価値と言えます。そもそも出張をすべて無くしその分コミュニケーションを深めていくことは到底不可能かもしれません。しかし、せめて出張の回数を減らし、不足した分をテレビ会議を利用してコミュニケーションを増やす機会に転換できれば出張以上に密なコミュニケーションを図っていくことができます。そもそもコミュニケーションを構築する上で相手の表情を見て話をするという行為は、お互いの意見や考え方を理解する上で非常に重要な要素です。

これまで電話やメールで何度もやり取りをしてきて、伝えたい内容が伝えきれず誤解されてしまった、などの経験があるはずです。FaceToFaceでのコミュニケーションが可能なテレビ会議を頻繁に利用することにより、コミュニケーションが活性化し、お互いの信頼関係が高まっていきます。これまで、コミュニケーションのスタイルが手紙やはがきから電話およびFAXに変わり、その後PCの普及によりEメールへと変貌を遂げました。これからはコミュニケーションの手段としてテレビ会議を利用することにより、仕事の内容やそのやり方を密なコミュニケーションによりどんどん変えていき、無駄のない効率的な仕事のスタイルを目指していくことができます。

さらにFaceToFace効果により信頼関係もより向上するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です