テレビ会議を活用すると、会議のために労力をかけて距離があるところまで出張や視察等をすることが必要なくなります。国内至る所に支社がある大会社であれば、会社組織の代表のメッセージをひとまとめにして全ての従業員に指示を出すことができるので実用的です。月額の利用料のシステムのケースでは何度活用してもコストが一定であるので、繰り返しテレビ会議を実施することもできます。重要度が高い会議は言うまでもなく、日常の仕事内容にテレビ会議を取り込んでコストパフォーマンスを上昇させることもできます。

リアルタイムで情報そのもののコミュニケーションができるポイントが、今の時代の企業の機能に合致します。また、社員の研修のためにも活用することができるので、研修のコストも削り落とせることと言えます。電話連絡のように音のみではないので、情報の量が比較にならない程広範囲で、関係資料を利用しながらの会議にも望ましいと言えます。関係資料を多く利用している事業所なら、テレビ会議のスタイルがあるだけで会議のために従業員が一ヶ所に集中する必要もありません。

会議室が不要で、それぞれが自身のデスクや出掛けた先から会議に加われます。マイホームや宿泊施設など、個人的な時間に不定期に会議が必要な場合にも力を発揮します。近年はスマートホンの端末があればそれを活用して会議ができる利便性のあるシステムもあります。テレビ会議は、社員数の多さに左右されずに、効果的に利用できるものに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です