インターネットの普及により仕事の幅がどんどんグローバル化していく中で、会社内でのコミュニケーションと各地に散らばっている社員との意思統率は大変重要な課題となります。コミュニケーションとは情報のみ伝えれば良いということではありません。人は何かを伝えようとするときに、言葉だけでなく、表情や風景、声の質であらゆることを判断します。その情報量はメールを遥かに凌ぎます。

遠方の複数の社員と、どうすれば臨場感のある充実したやり取りが可能でしょうか。そこで役立つのがテレビ会議です。テレビ会議のツールの進化は著しく、従来のモニターと音声のみという枠にとらわれません。オンデマンドを使えば、できることは格段に多くなるでしょう。

会議をしながら、急遽必要になった資料は即座に転送できますし、リアルタイムでデータを作成、共有することが可能です。緊急を要する打ち合わせの際に、許可を急ぐ書類など、マーケティング業などではよくあることです。テレビ会議を使用すれば、あっという間に完了します。また、これらのツールは社内だけに留まりません。

大事な取引先との打ち合わせにも大変重宝します。情報とサービスが錯綜する現代において、スピードはライバル社と差をつけるために欠かせないものです。トラブル発生時の状況も現場を見ながら指示を与えられるので、的確な対処が可能となります。このように使用の幅は限りなく、衰退することのないオンデマンド技術を駆使しない手はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です