1990年代に入り、情報テクノロジーの急激な進歩により、我々の生活リズムは大きく変化しました。情報通信技術の進歩により、情報を共有することを可能とし、情報収集をする際においても情報量を拡大することができるように変化してきました。さらに、インターネットの普及・ネットワーク環境の充実といった社会的な変化により、様々なサービスを身近なところで利用することができるようになってきました。生活の一部部分となってきたインターネットの利用においては、私生活だけではなく、ビジネスシーンでも大きく利用がされるようになってきました。

そのなかでも特に大きく期待されているのが、「無料でWEB会議」ができるということです。従来の会議においては、目的地に行くために、「時間」「費用」を投資をしていましたが、インターネットの普及、ネットワーク環境の充実、そしてテクノロジーの進歩により、ネットワークを利用した「無料WEB会議」が出来るようにまで進歩してきました。「無料」で「WEB会議」をするということで、目的地まで行くための「交通費」の経費削減が可能となり、目的地まで行くために発生する「時間」を削減することが可能となりました。そのことから、世界各国または国内といったあらゆる場所で同時に「WEB会議」をすることが可能となる時代と変化してきたため、会社としての利便性も高くなり、今後もますます利用性が高まっていく技術となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です