最新のネットワーク技術を利用すれば、遠くはなれた場所同士での会議が可能です。インターネットなどを利用し、映像音声のデータを送受信する方法で、相手がその場にいるように会議ができます。しかし気になるのは、どの程度のコストがかかるのかという点です。たとえ便利なものであっても、費用負担が大きければ利用するには不便です。

WEB会議システムの中には、無料で利用できるソフトウェアがあるため、コスト面での心配はありません。通信ネットワークとカメラやマイクがあれば、すぐにでも会議が開けます。ただし、無料のWEB会議用のソフトウェアを利用する場合には、セキュリティへの配慮が必要です。重要な会議の内容が外部へと流出するリスクについて、配慮が求められます。

インターネットなどオープンな通信ネットワークを利用する場合、通信経路で何者かがデータを盗み見る可能性があります。そのため、暗号化処理によって送受信データのセキュリティ性を高める方法により、安全なWEB会議が可能です。ネットをビジネスで利用する企業が増えた反面、情報流出のリスクも上がっています。無料のWEB会議システムのセキュリティが心配であれば、安全面に配慮した有料のシステムを利用するのも判断のうちです。

利用者自身がセキュリティについて配慮し、外部への情報流出を防ぐ心掛けが大切です。リスクさえ上手くカバーすれば、無料でもWEB会議のシステムが上手く使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です