日本の会社では、従来から新卒生にターゲットを絞った求人活動を展開しています。本来なら、技術力を持った経験者を中途採用するほうが、早い時期に戦力になるので、有利なはずですが、新規学卒者の採用にこだわっています。多くの理由がありますが、他社のカラーに染まっていない点が評価されているのです。どんな企業でも、自社の風土をそのまま継承していきたいと考えるのですが、すでにほかの会社で勤務したことのある人間であれば、そこの会社での色がしみ込んでいるのは避けられません。

それに反して、新規学卒者であれば、他の会社を全く知りませんので、真っ白な状態です。自社の企業文化を伝えていくには最適でしょう。そこで、新卒者に重きが置かれるのです。また、学校を3月に卒業する新卒者を一括入社させることで、導入教育も効率的にできます。

このようなところから、新規学卒者へシフトした求人活動を行う会社がメインとなっているのです。求人のためのツールとしては、従来は、求人雑誌が広く使われていました。昨今では、新卒紹介サイトを利用する企業や学生が多くなってきました。新卒紹介サイトを運営する会社も目立って増えてきました。

企業側としては、低コストで利用できる点に魅力を感じています。また、学生側としては、専門の就活コンサルタントがつきますので、いろんな相談ごとに乗ってもらえるというメリットがあります。さらに、非公開求人のデータを持っているのも、学生側にとってはありがたい話です。お互いにメリットがあるということで、今日では、新卒紹介サイトが頻繁に利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です