従業員を採用するときに、新規学卒者を対象に求人を行っていくというのは、日本だけに限らず、多くの国で普通に見られる現象です。とはいえ、日本での新卒採用には独自の形態があります。簡単に言いますと、大学に在学している早い段階から選考を行い、職種にとらわれることなく一括で採用し、初任給はほぼ横並びという点に集約されます。まさに、この新卒採用のありようは、終身雇用、年功序列」、企業内組合といったキーワードが示す日本的雇用慣行の出発点を形作ってきました。

しかし、90年代を過ぎてからというもの、企業を取り巻くもろもろの環境は大きく変わったのです。かつての日本的雇用慣行は、環境の変化に対応して、自らを変えていくことを余儀なくされました。そして、その影響は新卒採用にも及んでいます。いままでの新卒採用システムでは、本当に企業が必要とする人材を獲得できなくなったのではないか、いずれはリーダーとなる人材を逃がしてしまっているのではないか、そのような問題意識を持つ企業が、新卒採用の手法を新たなものに方向転換しようと模索を始めだしたのです。

こうした企業側の意識変革に呼応して、新卒紹介関連サービスを提供する会社も、自己変革にチャレンジしているのが実際です。いままでは思いもつかなかった新しいサービスも誕生してきました。新卒紹介サイトでは、学生に対しては、経験豊富なコンサルタントがついて、詳細にわたっての指導をいたします。また、企業側にも、成功報酬制の料金体系を提示するなど、従来とは様変わりしています。

ネットの新卒紹介サービスは、今後も、企業や学生のニーズをうまく取り入れながら、発展を見せていくに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です