インサイドセールスは一言で言うなれば、内勤型の営業スタイルです。そしてお客様と直接会うことはまずありません。近年インサイドセールスを導入している企業が増えています。人員削減や顧客ニーズが把握できるといった理由も大きいです。

効率良く商品を売り込むことが出来る点でも、メリットがあります。また営業をしたいけれども、人見知りの性格や行動力にあまり自信がないという就活者にとっても、インサイドセールスであれば働きやすいです。直接お客様に売り込む仕事ではないので、断られたりノルマを気にしたりする必要もなく精神的にも楽かもしれません。こうした種類の営業職が導入されることで、営業に興味を持つ就活者の仕事選びの幅が広がることもメリットと言えるのではないでしょうか。

内勤にて電話などで、営業アプローチする相手を探っていくのが主な仕事になります。電話先は問い合わせ先の履歴や過去のイベント参加者、顧客関係者など、選定されます。ここで誤解してはいけないのは、インサイドセールスとテレアポはまったく別物ということです。テレアポは商品サービスを電話で売り込むのが仕事ですが、インサイドセールスは売り込みはしません。

商談につながる相手をリサーチする業務であり、営業マンが効率良く動けるようにサポートしていきます。また既に顧客である人のフォローをする役目もあります。電話でアポを取ったり商談したりするわけではないことを知っておきましょう。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です