営業は効率が大切であり、どんなに一生懸命活動をしても結果につながらないと意味がありません。営業活動で重視したいのは労力よりも効率であり、そのために営業支援が必要になってきます。これは営業を効率化させるサポートのことで、具体的には専用の営業支援ツールを活用しながら進められることが多いです。営業の最適化のためには、上司と部下がスケジュール内容を共有する必要があります。

部下がどのような行動をしているのか上司が曖昧にしか把握していないと、ムダが発生していても気づくことができません。上司が適切な指導をする意味でも、部下がいつ何をしているかデータ上で把握しておくことが大切です。昔であれば売れる営業マンは、その手法を同僚に教えることをしませんでした。教えることによって顧客を奪われてしまう可能性があると考えたからです。

こうした手法は営業マンという個人レベルで見ればメリットがありますが、効率的な方法を会社全体で共有できないので、会社の利益として考えるとマイナスになる可能性があります。もしベテラン営業マンのノウハウを全スタッフが共有できれば、企業の利益は大幅に向上するはずです。営業支援には利益の最大化に加えて、ムダを抑える役割があります。コストの削減意識の乏しい会社は、安定的な黒字化を維持するのが難しいです。

どのような事業においても、よいときもあれば悪いときもあります。思うように売り上げが伸びない時期を乗り切るためにも、コストの削減が重要になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です